限界まで追い込まない大切さ

2019年10月03日






夏から秋にかけてのスポーツの大会が多く、外でのお仕事が多かったのですが、秋を迎えジム内でのお仕事に専念できるようになってきました。


さて、今回は、「限界まで追い込む」ことについて書きたいと思います。


よく、パーソナルトレーニング(個別トレーニング)のメリットとして


「トレーナーが横にいて限界まで追い込んでくれる」
と言われてる方や記事を目にします。

自分もよく学生さんの学校でのトレーニングやテレビでパーソナルトレーニングを受けてある方の姿をみますが、


かなりの割合で間違ってます。


トレーナーや、周りの選手達がかける、

「もっと、もっと」
「まだ、いける!まだ、いける!」

この声かけにより、間違いがおきてます。

簡単に説明しますね。

トレーニングには、鍛える目的の筋肉があります。

ずっと同じ筋肉に負荷をかけ続けると当然、筋肉は疲労し、動かせなくなりますよね。

そこで何が起こってくるか?


「代償動作」といって、カラダの動きを変えて別の筋肉を使いだします。

「もっと、もっと」でもう1回できることも素晴らしいですが、限界をこえてからのプラス1回は、ほとんど、フォームが崩れています。

「別に目的じゃない筋肉でも鍛えれたらいいんじゃない?」
となるかもしれませんが、

そこで問題となるのがケガです。

カラダを機能的にするトレーニングでケガをしてしまえば、全く意味がありません。

次回は、このケガについて書かせて頂きますね。   


女子プロゴルフツアー

2019年07月12日






3月に開幕した、女子プロゴルフツアーも後半戦に入りました。

権藤可恋プロ、北海道で開催されているニッポンハムレディースクラシックにて、4位タイで初日を終えました。


前半戦は少し厳しい展開が続きましたが、選手はやれることを全て確実にこなしています。


前日、遅くに遠征先から福岡に帰ってきたとしても、

翌朝には、必ずトレーニングとケアにジムにきます。

成績に関係なくやるべきことをやっています。

どんな時でも同じテンション、同じモチベーションでトレーニングに取り組む、権藤可恋プロをすごいと思いますし、

後半戦は必ず波がくると思っています‼️


  


プロ野球交流戦

2019年06月20日





本日のプロ野球交流戦、ホークス対スワローズの一戦でスワローズの山田大樹投手が先発します。

山田投手は、以前はホークスでプレーしていて、ホークスの福田秀平選手と同期入団です。

スタメン次第ですが、今日の試合でこの二人の対戦がみられるかもしれません。

福田選手、山田選手とは以前、自主トレを共にしたことがあり、今日、二人が対戦するのがとても楽しみです。

二人とも、人柄もすごく良い選手なので、二人が対戦の場面を迎えた時に、どんな表情をするのかもすごく楽しみですね。   


6年生になりました。

2019年06月19日

ライトレは、2019年6月1日で6年目に突入しました。

これもご利用して下さる会員のみなさまのおかげです。

ありがとうございます。

会員のみなさまに、より良い時間をすごしてもらえるように、

自分自身も常に、

「自分史上、最高の自分」

を更新し続けられるように頑張っていきます。

6年目のライトレもよろしくお願いいたします。   


Conditioning trainer

宇野健太郎

コンディショニングトレーナーである宇野健太郎の写真

トップ女子ゴルファー専属トレーナーなど、数多くの実績を持つ

コンディショニングトレーナー宇野健太郎

が直接指導。
hLg
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
インフォメーション